• ホーム
  • >
  • iPOP2020年オンラインショーケースに出展いたしました。

ipop2020

iPOP2020年オンラインショーケースに出展いたしました。

IEEE1588時刻同期装置を使いsXGPを利用した顔認証システムの展示

  • 2020年9月10日(木)・9月11日(金)に初のオンライン開催される国際学術会議「International Conference on IP + Optical Network 2020 (iPOP2020)」のショーケースにおいて、ローカル無線通信の次世代規格sXGP及びローカル5Gに必須技術である時刻同期(IEEE1588 PTP)をFPGAボードで実現した同期ネットワークシステムの展示をおこないました。

  • 本展示は慶應義塾大学 山中研究室様との共同展示となります。

  • 展示内容の詳細はこちら(慶應義塾大学 山中研究室サイト)
    iPOP2020公式サイトはこちら



FPGAを利用した時刻同期ソリューション


  • Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU102 Evaluation Kitを使用してIEEE1588 PTPの同期L2スイッチを実現


  • sXGPを利用した同期通信システムソリューション


  • 次世代の無線通信規格sXGP(プライベートLTE)、ローカル5Gのシステムは専用機器の他に機器間を同期するための(IEEE1588 PTP)の規格に準拠するネットワーク機器が必要なります。弊社では同期ネットワーク機器の販売を予定しております。また、sXGP、ローカル5Gの技術を利用した通信機器、IoT機器の開発を拡大していきます。



  • サービスに関するお問い合せは、下記よりお願い致します。

    お問合せフォームはこちら お電話でのご相談はこちら
    PAGE TOP